Home > くじらぐもについて > 3.『発達障害児・精神障害を抱える児童生徒への個別療育指導』及び、その家族に対する支援「支援者育成事業」

3.『発達障害児・精神障害を抱える児童生徒への個別療育指導』及び、その家族に対する支援「支援者育成事業」

☆学校だけでは、埋める事の出来ない問題を抱える子ども達は、何時・どこで・どの様に苦手な部分への「受け止め方・対処の仕方」を身に付ければ良いか苦慮しています。

☆発達障害を抱える子ども達に対し、支援者が「正しい認知と、適切な学習方法・対処方法」を知り、教育環境を整え、実施することにより「機能の不自由さを機能障害化させない」指導が、可能となります。もし、何らかの障害が固定化したとしても、十分に社会に適合して生きていける様に一人一人に似合った指導を行います。

☆少し目と手と心を掛けてあげることで、勉強だけでなくコミュニケーション力など、出来る事が増えます。楽しい学校生活が送れるよう心理療法を踏まえた指導をします。