[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20

皆様お元気ですか
「くじらぐも」では、あっという間に成長する子ども達の為に、
「今すべき事」と共に
「将来を見据えてすべき事」があると常々考え活動しています。
 
その一つとして
「不登校等、学校へ行きづらい生徒が、学校外で行う活動を単位として加算してやって欲しい」 と訴え続けていました。
しかし、小中学校と違い、
「単位を取得に匹敵するだけの授業内容の体験活動と教育・指導が行われるか?
行える法人が有るのか」等多くの問題があり、中々、実施に至りませんでした。
この案件につき文科省ともかなりの折衝を続けて来ましたが、この度文科省に先駆け
神奈川県教委でモデルケースとして、県下の三つの高校と、受け入れ団体として、県下の三つの法人を表題に書きました様に「単位取得認定法人」として定め(県が認定)し実施する事になりました。
「くじらぐも」もその内の一つとして認定されました。
やっと一つの試みが具現化へ向けての一歩を踏み出しました。
県教委も学校サイドも、勿論私達受け入れをするnpo法人も、全国で初のこの試みを手探りながら、
日本中の子供達の為にも何としても「後に続く形」で成功させなくてはなりません。
沢山の難題が続いて出て来る事と思いますが
行政・学校・支援団体・家庭のよい協働の下に頑張りたいと思います。
皆様からの忌憚のないご意見やご教示宜しくお願い申し上げます。
 
又、くじらぐもでは「神奈川県青少年センター青少年サポート課」との協働事業として
今までの
「親塾を発展させた相談会(グループ相談会等も)」
を行う事となりました。
不登校になる前に、大きな問題を抱える前に
皆さんで考え合いませんか?
 今月の親塾は
4月29日
リーデンス横浜で10時からです
集会室19階で行います。
 
長々と失礼致しました。不順な折です。ご自愛下さいませ
~くじらぐも~
 
くじらぐも
主に発達障害を含む障害児や不登校児のため療育指導や居場所づくり、カウンセリング、学校と家庭を結ぶリエゾン活動などの支援を展開している くじらぐもは障害児と健常児とが共に活動できるためのプログラムを行っています。 また不登校ファミリーサポート、学校現場に於ける発達障害児童・生徒等への具体的支援法の研修等も行っています。
「くじらぐも」の名称は、「ぐりとぐら」の中川李枝子先生と 光村図書出版株式会社の認証を得て使用しております。
ボランティア募集中
「くじらぐも」の活動に賛同し、子供達の成長を願い協力してくださるボランティアさんを募集しております
1.色々な行事(混合療育、イベント行事等)を手助けしてくれたり、子ども達の相手をしてくれる中学生以上の方(男女不問)     .     2.個別にガイドヘルパー的な手助け、勉強や話し相手をしてくれる「不登校・ひきこもりの青少年のお兄さんお姉さん」として遊びや、勉強や話し相手をして下さる方、お出かけをしてくださる高校生~大学生~35歳位までの方               .
【お願い】くじらぐも賛助会員
入会金(1回) ¥10,000、- .年会費一口   ¥5,000、-.  皆様のご協力で運営しています。 .   詳しくはメールでくじらぐもまでお問い合わせ下さい。npo_kujiragumo☆yahoo.co.jp   (☆を@に変えてください。迷惑メール対策です)
ブログ内検索
カウンター